カウンセリングについて


 

カウンセリングってなに?

新座すずのきクリニックのカウンセリングでは、臨床心理学の専門的な知識を持ったカウンセラーと話し合う中で、現在お困りのことについて、新しい視点が開けてくることを援助しています。

何を相談するの?

● 気持ちが落ち込む
● なんとなく不安
● 人間関係がうまくいかない
● イライラする
● 食べ過ぎてしまったり、逆に食べられなかったりする
● 生きている実感がわかない
● 自分のことをより知りたい
  等のことでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

カウンセリングを受けるには?

完全予約制ですので、必ずご予約を行ってください。
通院されている方は、主治医とご相談の上、ご予約ください。
他院に通院されている方でも、カウンセリングのみを行うことも可能です。受付窓口までご連絡ください。

カウンセリングの時間と料金

毎週、水曜日と土曜日の午前9時から午後17時に行っています。

1回50分、料金は7,000円になります。保険の適用はできませんので自費となります。
予約をキャンセルされる場合には、事前にご連絡をお願いします。前日の午後17時までにご連絡をいただいた場合は、キャンセル料はかかりません。
カウンセリングご予約の当日のキャンセル、または無断でキャンセルされた場合には、3.000円のキャンセル料を負担していただきます。
ただし、初回カウンセリングをキャンセルされる場合は、キャンセル料は頂きません。

カウンセラーの紹介

杉山風輝子(臨床心理士) 担当曜日:毎週土曜(9時~17時)


アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)やマインドフルネスを中心としたカウンセリングを担当しています。
【これまでの治療実績】
・電車に乗れない、人目が気になる、パニック発作(不安)
・手洗い、戸締り確認をやめられない(強迫)
・もしかして自分はアダルトチルドレンなのかなぁ...(パーソナリティ)
・打たれ弱い、自分に自信が持てない(落ち込み)
・休職からうまく復職したい(再発予防)


木甲斐智紀(心理士) 担当曜日:毎週土曜(9時~17時)


認知・行動療法やマインドフルネスを中心としたカウンセリングを担当しています。
【これまでの治療実績】
・重たい気持ちから抜けられない(うつ、ストレス)
・パニック発作が出てしまう(不安)
・いらいらや怒りが抑えられない(怒り)
・身体が痛いのにどこも悪くないと言われる(疼痛)
・子供にどう関わればいいのか...(親の相談)


黒田彩加(心理士) 担当曜日:毎週水曜(9時~17時)


メタ認知療法(MCT)やマインドフルネスを中心としたカウンセリングを担当しています。
【これまでの治療実績】
・周りの人と自分はどこか違う気がする(発達)
・学校になかなか行きづらい(小中学生、不登校や学校の悩み)
・パニック発作が起きてしまう、心配事が止められない(不安)
・毎日気持ちが落ち込んでしまう(うつ)


カウンセリングオフィス「クローバーリーフ」のご紹介

新座すずのきクリニックでは
カウンセリングオフィス「クローバーリーフ」をご紹介しております。
カウンセリングオフィス「クローバーリーフ」には皆様の悩みの解決をお手伝いし、メンタルヘルスの向上をはかる専門家がたくさんいます。
カウンセリング、心理療法の他、同じようなことでお困りの方たちへのグループカウンセリングも開催しておりますので是非一度ご覧になってください。
クローバーリーフのホームページはこちらになります。(外部サイト)
 

よくあるご質問

Q:どのくらいの頻度で、どのくらいの期間通えばいいのですか?
A:お困りの内容や、事情によって異なります。頻度は、おおむね週に1度か、二週間に一度くらいの方が多いです。期間は、数回で終結する方もいれば、年単位で通ってらっしゃる方もいます。
 
Q:家族の同席はできるのですか?
A:ご家族でいらっしゃった場合、ご家族には待合室でお待ちいただき、カウンセリングルームにはお一人で入室されることをお勧めしています。ただし、事情のある場合は、ご家族同席のもとでカウンセリングを行う場合もあります。
 
Q:受診は必要ですか?
A:カウンセリングを行うには必ずしも必要ではありません。ただし、場合によってはカウンセラーのほうから受診を勧めることもあります。